寝るときに睡眠を考える

どんなことにでも言えることだと思いますが、よく眠ることは太らないと言われています。むくみに悩んでいる人も、横になることで、下半身に溜まっていた水分の流れが良くなるために、少し強引ながらも、寝ることは一つの改善策になると思います。

 

一般的に6〜8時間の睡眠は健康やダイエットにも効果が高いと言われています。ただし、眠りときの時間を意識しておくことも大事、夜の10時〜午前2時ごろまで深い眠りに入って売ることが大事。そして、習慣づけて、毎日のように同じ時間に眠ることです。

 

時間帯に深く眠っていることで、老化を抑えることもわかり、成長ホルモンが最も活発に分泌されると言われています。成長ホルモンは寝ながらして美容もダイエットも叶えてくれるホルモンなんですね。良い眠りを得る最大の目的は個々にあるわけです。

 

 

ようするに、睡眠時間を8時間もとっていても、目覚めるのが午前1時だったら余り意味がありません。8時間横になっていたら、たしかにむくみには効き目あるかもしれませんが、ホルモンにはよろしくないので、お肌が荒れやすく、薄毛にも関係すると言われています。とくに、働き盛りの40代以上の方は、仕事や付き合いで夜10時に寝るのはなかな難しいとも言われているので、しっかりと計画をした睡眠を撮りたいところ。

 

しかし、余り意識を強く持ちすぎるのも良くないですね。「寝ないと体に良くない、むくみに悪い影響を・・・」考え過ぎると、どんどんマイナスな芳香に進んでしまう恐れも。必要不可欠なこととして、自分にとって重要な事を考えておくことが大切になると思います。