必要な水分を吸収

過剰水分は禁物

ブームという表現はおかしいかも知れないが、最近では健康関連を意識しているひとが多いかと思います。そのなかで、1日に2リットル以上の水分を取ることが、体の調子を整え健康によろしいという話を聞きます。

 

しかし、実際のところでは2リットル以上水分を取ることで、むくみなどが起こりやすくなrい、逆効果といわれています。

 

たしかに水分を吸収することは大切ですが、無駄に摂り過ぎることでむくみになってしまう。血液中のナトリウムイオン濃度が低下し、水分の割合が崩れてしまい、むくみが起こってしまうわけです。

 

場合によっては、水分のとりすぎで死に至ることも・・・
体は必要な水分しか吸収しない、イラないものは体外に排出したり、筋肉に入り込んでしまう。危険なのは物理的な面、おなかがいっぱいなのに、無理やり水をのむのは水中毒となります。

 

たしかにある程度の目標を建てることは大事。しかし、とりすぎはよくないので、無理をせずに、必要な水分だけを吸収するように。

 

 

ページの上へ