むくみの原因「塩分」

フロセミドで腎臓の尿細胞を活発に

私が利用しているフロセミドは、女性に多いむくみに作用し、素早く解消してくれます。

 

むくみの原因として「立ち仕事、すわり仕事」を長時間行うことが要因とされますが、根本的な部分に関係するのが塩分を大量に摂取することです。

 

いろいろ調べてみると、昔よりも現代の女性に「むくみ、高血圧、心不全」を抱えている人が多く、この要因として塩分を多く含んでいる食事を毎日のように食べているからです。

 

食事の文化も戦後を境に大きく変貌し、コンビニ弁当、外食、冷凍食品など、塩分がかなり含まれている食品を知らず知らず食べてしまう・・・。1食だけで10g以上も含まれている食品もあります。

 

体内に塩分を吸収することで、水分に溶けて、ナトリウムイオンと塩素イオンに分解します。このうち、むくみとの関係が深いのがナトリウムになります。むくみにより関係してくる腎機能障害も同じナトリウムに障害が起こることが要因で。

 

体内のナトリウム濃度が高くなると、それを薄めようとして、水分を体内に補充しようとする、反応がおきます。すると、次第に腎臓に負担がかかってきます。

 

そもそも、腎臓の役割として、老廃物を排泄したり、体内の水分やミネラルのバランスを保つこと、血圧を調節するなどの作用があります。しかし、塩分を吸収しすぎることで、ナトリウム濃度が高くなり、腎臓の働きが悪くなり、しだいに体内の水分がたまりやすく、結果的にむくみが起こってしまうのです。

 

体の中で一番”ふくらはぎ”にむくみが起こりやすくなるのは、単純に立ち仕事や座り仕事を長時間行うことで、心臓から生成される血液が静脈を通り、そこから心臓に戻ろうとした時に、ポンプ作用が弱い(女性だから)ために、急激に血圧が高くなり、水分が蓄積され、ふくらはぎにむくみが起こってしまいます。

 

ここで、フロセミドの作用になります。
服用することで、体内に吸収され、腎臓の尿細管での塩分と水分の再吸収を抑えてくれます。そうすることで、今まで以上に尿の排出量が急激に増えることで、ふくらはぎなどに溜まっていた水分を排出し、むくみを解消することになるわけですね。

 

 

ページの上へ