体内の水分を排出する「汗」

汗をかく!!

むくみに悩んでいる人に、フロセミドなど専用の薬を服用することも確かに一つの手だと思います。しかし、どうしても副作用などが起こるために、まずは一歩手前の段階で改善を図ることをお勧めします。

 

まず、普段の生活の中で、むくみの改善策を色々と試してみること、その中で、体の全体から汗をかくことです。ウォーキングをしたり、風呂の浴槽の中で、汗をかきます。体温が上昇し、汗をかき、体内にたまった余分な水分、つまり、このムダな水分が原因でむくみになるために、意識的に発散させることが、改善につながるわけですね。

 

特に、私が最近行っているのが半身浴ですね。
38〜40度ほどのお湯に、20〜30分ほどお湯につかります。すると、次第に体中から汗が出て、無駄な水分を輩出してくれます。

 

フロセミドの場合は、無駄な水分を尿として体外に排出しますが、毎日のように運動をしたり、体温を上げ、汗をかくことも同じようにむくみ改善に効果が出てきます。しかし、その際に心掛けたいのが、脱水にならないように、水分を補給が大事、もっと手軽に行うなら、足だけを湯につけるというのもいいかもしれませんね。

 

 

ページの上へ