ミノキシジルに起こりやすい副作

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルってご存知ですか?
女性よりも、男性の方が詳しいかもしれません。私は、30代になってこの成分のことを知りましたが、実は発毛剤の効果として世界的に有名だそうです。

 

ミノキシジルにも2種類あり、「頭皮に塗るタイプ」とフロセミドのように「服用するタイプ」があります。そのなかで、服用するタイプのミノキシジルが一番効果があるそうです。

 

ミノキシジルの効果としては血管拡張剤、つまり血流を活発にすることで、頭皮の毛包みに栄養分であるビタミン、タンパク質、ミネラルを伝えやすくすることで、発毛効果が期待できるわけです。

 

しかし、ここで問題が、どうしても副作用がおこりやすくなります。ミノキシジルの副作用として、
「心臓の動悸、息切れ、むくみ」
など、、、実は、ミノキシジルを服用するときの、このフロセミドを一緒に利用している人が多いそうです。

 

ようするに、ミノキシジルを服用することで、腎機能に負担がかかってしまいます。これは、むくみの原因である塩分と似た構造になり、どうしても水分が溜まりやすくなることで、どうき、息切れ、むくみにつながってしまうわけです。

 

そこで、専用のプロセミ度を服用するわけですね。

 

調べてみると、海外のクリニックなどでは、ミノキシジルを服用する患者にはフロセミドを一緒に服用させ、血圧などを毎日図るように指導しているそうです。それに比べ、国内のクリニックでは、単純にミノキシジルだけを処方するだけだそうです・・・

 

 

ページの上へ