服用に心掛けること

過剰に摂取しないこと

薬を服用して、自分が悩んでいる部分だけを解消、改善してくれれば完璧だと思います。しかし、一つの薬にたいして、服用する人間も様々な体内があるために、それぞれ副作用が起こってしまいます。そのために、フロセミドを服用しているときに、少しでも違和感を感じることがあれば、服用を停止し、担当の医師、または近くの病院にて相談をすることが大切になります。

 

基本的に、成人1回1錠(フロセミド40〜80mg)を1日に2回にわたり服用することになり、症状や年齢などにより、微妙に異なると思います。

 

副作用が起こる要因として、
「薬の使い方の間違い、容量が多かったり、成分と体質との相性」など。

 

服用の仕方もそれぞれ異なると思いますが、私の場合はむくみを解消するために服用するために、とくに生理前の時に服用しています。つまり、毎日のようにフロセミドを服用するわけではありません。

 

1日に1錠(40mg)を服用し、出来るだけ朝に服用しています。特に、夕方にむくみが起こりやすいために、生理の時に、むくみが改善できていないときは、1日に2錠を服用するようにしていますね。できるだけ、過剰に摂取しないこと、そうすれば副作用の心配もないと思います。

 

フロセミドは、むくみの症状以外にも、体重減量、血圧を下げる、心不全の治療など利用されているために、それぞれ容量を守り服用することが大切になります。

 

フロセミドは、むくみの症状以外にも、体重減量、血圧を下げる、心不全の治療など利用されているために、それぞれ容量を守り服用することが大切になります。

 

フロセミドの副作用

だるい、脱力感、めまい、ふらつき、吐き気、頭痛

 

 

 

ページの上へ